前へ
次へ

通いやすい習い事は続ける辛さが少ない

高い学費を払って学校に行くとなると、多少辛くても行かなくてはいけない気持ちがあるでしょう。その他仕事などでも通いづらくても何とかして行こうと考えます。では習い事をするのに非常に苦労するところにあるところだとどう感じるかです。生活に必ずしも必要なことではないので、気持ちが切れる可能性もあります。子供に習い事をさせるときに長くさせるためのコツとして、いかに通いやすいところを選ぶかがあります。平日となると学校の授業が終わってからになるので夕方から夜にかけてになります。通うのに1時間以上かかるとなると通うだけで往復2時間以上かかります。何のために行っているのかの目的も見えにくくなります。出来れば徒歩か自転車で30分以内がいいでしょう。10分以内であれば往復で20分もかからないので通う手間をほとんど感じずに行くことができます。習い事の内容が多少辛いものであっても、すぐ行ってすぐ帰ってこれるのであれば何とか通ってくれます。親としても近い所なら様子を見に行きやすいメリットがあります。

博多 ランドセル

籔本雅巳

Page Top